Maison Joseph DrouhinMaison Joseph Drouhin
Maison Joseph Drouhin

ドメーヌ
栽培


テロワールの表現を目指すなかで、オーガニックそしてビオディナミを選択することは必然の結果でした。メゾンの信条は「自然の問題は自然の中に解答を求めよ」となっています。

「私たちの馬での鋤入れや畝に草を植えること、また天然のコンポストを使用することで大地を尊重し、護っています。」

「私たちは品質を管理するよう努めています。自社の苗木施設で私たちのぶどう樹を接木してメゾンの財産を永遠に後世に伝えようとしています。」

「合成農薬の代わりに煎じた薬草や天敵を利用する自然な農業を通じて、ぶどうが本来の力を発揮できるように努めています。」

「テロワールの特徴を最大限に吸い上げるように、(古木)が地中深くまで根を張るように、密植度を上げています(最大12500株/ha)。」

「ぶどうが各テロワールのニュアンスを表現できるように、収量を意識的に少なくしています。」

「収穫時には果実を損なわないように、手で摘み、水きり穴をつけた小さなケースでワイナリーまで搬入しています。」