Maison Joseph DrouhinMaison Joseph Drouhin
Maison Joseph Drouhin

エノロジスト(醸造家)

Véronique Drouhin-Boss
ヴェロニク・ドルーアン
エノロジスト(醸造家)


ジョゼフ・ドルーアン・スタイルの「番人」である彼女は、メゾンのエノロジスト、ジェローム・フォール=ブラックと共にワインの醸造・熟成を監督しています。また、兄弟と一緒に日々試飲して品質管理も行っています。

ヴェロニクはディジョン大学のワイン醸造学修士の国家資格およびピノ・ノワール種研究によって高等ディプロマを取得後、1976年から2005年までメゾンのチーフ・エノロジストを務めたローレンス・ジョバールの元で実践を積みました。1998年には父のロベール・ドルーアンを補佐して、ドメーヌ・ドルーアン・オレゴンの設立に携わり、現在でも当ワイナリーの醸造を管理しています。

ヴェロニク・ボス=ドルーアンには3人の子供がおり、音楽とガーデニングを趣味にしています。